【洋画】マイ・フレンド・フォーエバー

スポンサーリンク

今から20年前の中学生だった当時、1995年にアメリカで公開された映画に強く感動した。

どこで知ったのかは忘れたが、とにかく涙が乾かなかったのを覚えている。これは知らない人はいないくらい、かなり有名な映画である。

ストーリーを書いてしまうとこれから観ようと思っている方をシラけさせてしまうので書くのを控えたいところだが、ざっくり言うと6歳と12歳の男の子ふたりが主人公で、6歳の男の子がHIVに感染していることが発覚。親に黙ってふたりだけで川を下ってエイズに有効な特効薬を探す旅に出るという話でである。

私が初めてエイズの存在を知ったのは、この映画だったかもしれない。

当時はまだVHSでDVDが無かった時代。DVDが市場に出回るようになってから多くの方がこの映画のDVD化を望んでいたが、それはDVDが市場を当たり前のように出回るようになってからもなかなか実現しなかった。しかし数年前、ようやくこの映画のDVD化が実現し、再びこの映画がクローズアップされたのである。

ところが、DVD化されてひとつだけキレそうになったことがある。大好きな映画をブチ壊されたような気になった。

あまり批判をすることは好きではないが、感動した映画なだけにあまりにも残念だった。いくら仕事とはいえ、あの二人が声を出しているとわかったときは、ガチでシラけた。

スポンサーリンク

 

音声は英語、字幕は日本語で鑑賞することを強くおすすめする。

何よりも、本人の声で字幕を追うほうがストーリーに入り込みやすくなるし、感情の揺れ幅もそのほうが大きくなる。

Amazon に在庫が残っているようだが、なんか、ふざけた金額で売られている(笑)

古い映画なので仕方ないが、5万円ぐらい支払ってでも”出会えて良かった“と思えるぐらい心を打つ映画だと個人的には思っている。

レビューでも皆さん同じようなことを書かれているが、事前に情報を入れず、内容を知らないまま、何も考えずにいきなり観たほうが感動は最大化するだろう。

海外では「The Cure」というタイトルでも売られている。まだ「この映画を知らない」という方は、ぜひ手に取ってみてほしい。

いつもクリックありがとうございます!
@ 友だち追加
ブログ村
人気ブログランキング
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

※コメント欄に「日本語」が含まれない投稿はシステムにより拒否されます。

  1. 2016-12-9

    【動画あり】微表情 – マイクロ・エクスプレッション

    嘘をつかれるのが本当に無理!! 嘘をつかれて心底悔しい思いをしたことがある 真実だけを知れるよう…

ピックアップ記事

  1. 恥じている表情
    あなたは面識のある特定の人を呼ぶとき、なんと呼んでいるだろうか。 相手を呼ぶときの名称は人によ…
  2. 人は都合が悪いとき言葉でそれを補おうとするが、脳がどんな命令を下そうとしても体は常に真実を選択しよう…
  3. 人は怯えたり恐怖を感じたりすると、ほんの一瞬顔がひきつることがある。 これは、恐怖が括約筋とい…
  4. 相手が怒っていると感じたとき、その怒りがどこまで本気かを見分ける方法がある。 なぜ怒っているか…
  5. サブリミナルは聞いたことがあるかもしれないが、スプラリミナルはどうだろう。聞き慣れない言葉だが、私た…
  1. クリスチャンルブタン

    2017-6-24

    【新品未使用/証明書有り】クリスチャンルブタン 長財布

    クリスチャンルブタンのレザーグッズ人気 No.1 の Panettone Wallet(新品未使用)…
  2. 2016-12-1

    潜在意識下で影響を受ける行動心理学15選

    心理学の多くは目に見えるものではなく、潜在意識に作用するものが大半を占める。知っていて損のない知識で…
  3. 2016-12-10

    【洋画】マイ・フレンド・フォーエバー

    今から20年前の中学生だった当時、1995年にアメリカで公開された映画に強く感動した。 どこで…
友だち追加

話題の記事

  1. 2016-12-19

    スプラリミナル効果とは – 「サブリミナル」と「スプラリミナル」の違い

    サブリミナルは聞いたことがあるかもしれないが、スプラリミナルはどうだろう。聞き慣れない言葉だが、私た…
  2. 2016-12-18

    色覚(色彩感覚)と人間心理

    人と動物では、同じものでも見えている色が異なることがわかっている。これを色覚(色彩感覚)といい、人ほ…
  3. 2017-1-19

    脳がどれだけ強い命令を下しても体は真実を選択する

    人は都合が悪いとき言葉でそれを補おうとするが、脳がどんな命令を下そうとしても体は常に真実を選択しよう…

過去ログ

ページ上部へ戻る