たった3つの規則を意識するだけで読み手のストレスを大幅に軽減する文章テクニック

スポンサーリンク

伝えたいと思ったことを言葉でうまく表現できない自分の文章にストレスを感じたことはないだろうか?もしそうなら、文章が長くなればなるほどそのストレスやイライラは大きくなり、読み返すとまとまりがなくスッキリしない文章になっているのではないだろうか?

もしあなたが文章を書くときの基本を知らないということであれば、今回お伝えするたった3つの規則を意識するだけでかなり読みやすい文章が書けるようになる。この記事を最後まで読んでいただいたあとに、以下に記述する3つの規則を意識して文章を書いてほしい。

今までとは明らかに違う自分の文章に出会えるはずだ。

今すぐできる3つの文章テクニック

一文はできるだけ短くする
漢字を多用しない
同じ語尾は2回までに抑える

以上である。

では、具体的に見ていこう。

一文はできるだけ短くする

長文は慣れればうまく書けるようになるが、いきなりやってしまうと話がつながっていなかったり、何が言いたいのかよくわからない文章になっていることがある。

私も最初はむちゃくちゃで、自分で書いた文章にイライラする時期があった。一文を短くするようになってからうまく書けない原因に少しずつ気けるようになり、なんとかここまで書けるようになった。

下記の2つの文章はまったく同じことを書いている。

何を書いているかではなく、文章を追ったときに受けるストレスの違いに注目してみてほしい。

私のメルマガ読者が人より多い理由は2つあるのですが、
そのひとつはすべてのSNSと連携し自動化している事で、
もうひとつは、読者の質問や意見すべてに答えている事、
また、それらに期限も設けていません。

私のメルマガ読者が人より多い理由は2つあります。
ひとつは、すべてのSNSと連携し自動化している事。
もうひとつは、読者の質問や意見すべてに回答している事です。
また、それらに期限も設けていません。

わずか4行の程度の同じ文章だが、後者のほうがスッと入ってくるのではないだろうか。この違いは何?

一文が長くなる主な原因は、内容が整理されていない伝えたいことがまとまっていないかのいずれかである。一文を短くするだけでかなり読みやすくなるので、慣れるまでは意識して試してみてほしい。

漢字を多用しない

漢字が入りすぎると文章に圧迫感が出るようになる。これは文章の規則というよりは心理的な問題に起因する。漢字が多い文章は読むスピードを遅らせる原因になるので、スラスラ読める文章にするためにもひらがな漢字のバランスはかなり重要なポイントになる。

スポンサーリンク

これも例文を出してみるので、比較してみてほしい。

文章を書く時は、漢字を多用しない事が重要です。
何故なら、漢字が多い文章は読み辛いだけで無く、
読者に圧迫感を与える原因になるからです。
平仮名の中に漢字が有る程度が丁度良いです。

文章を書くときは、漢字を多用しないことが重要です。
なぜなら、漢字が多い文章は読みづらいだけでなく、
読者に圧迫感をあたえる原因になるからです。
ひらがなの中に漢字がある程度がちょうど良いです。

ひとつの文章の漢字とひらがなの割合は、ひらがな7割、漢字3割がちょうど良いと言われている。ひらがなと漢字のバランスがいい文章は読みやすく見やすい文章になるので、覚えておくだけでも参考になるだろう。

難しい漢字や見慣れていない漢字を使うと知的でカッコよく見えるかもしれない。だが、読者がその漢字を読めなかったり読めても意味がわからなかったりすると、その時点で伝えたい内容がボケる原因になるので返って逆効果になる。

読みづらい文章はそれだけで離脱の原因になるので、読者(読み手)の立場を考慮した文章を意識することが重要である。ひらがなと漢字のバランスはそのひとつと言えるだろう。

同じ語尾は2回までに抑える

「です」や「ます」などの同じ語尾が3回以上続くと、単調でしっくり刺さらない文章になる。

これが最新のAndroid携帯です。
以前より処理速度が速いです。
動画の再生もサクサクです。
さらに1年間の保証付きです。
2台以上購入で1台半額です。

たとえ短い文章でも、これだけ「です」が続いてしまうと何となく単調で機械的な印象を受けないだろうか?

同じ文章でも、少し語尾を工夫するだけで文章にメリハリが出るようになる。

これが最新のAndroid携帯。
以前より処理速度が速いです。
動画の再生もサクサク動きます。
さらに1年間の保証付き。
2台以上購入で1台半額です。

同じ語尾はできるだけ続けず、続いたとしても2回までに抑えると単調な文章を防ぐことができる。どうしても続きそうな場合は「体言止め」などを使ってメリハリを出すと、文章のリズムを維持することができる。

以上が文章を書くときに注意すべき、もっとも基本的な3つの規則である。

まとめ

これらは、今すぐできるもっとも簡単なテクニックのひとつである。

私もここからスタートして、ユニークユーザー、ページビュー、精読率、すべてが右肩上がりに動きだすようになった。

今まで意識していなかった人にとっては、たったこれだけのことで自分の文章に大きな変化を体験できることだろう。

ぜひ、試してみてほしい。

いつもクリックありがとうございます!
@ 友だち追加
ブログ村
人気ブログランキング
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

※コメント欄に「日本語」が含まれない投稿はシステムにより拒否されます。

  1. 恥じている表情

    2017-1-10

    固有名詞から代名詞に呼び方が変わったときは距離をおきたいと思っているサイン

    あなたは面識のある特定の人を呼ぶとき、なんと呼んでいるだろうか。 相手を呼ぶときの名称は人によ…
WordPressテーマ「AMORE (TCD028)」

ピックアップ記事

  1. 恥じている表情
    あなたは面識のある特定の人を呼ぶとき、なんと呼んでいるだろうか。 相手を呼ぶときの名称は人によ…
  2. 人は怯えたり恐怖を感じたりすると、ほんの一瞬顔がひきつることがある。 これは、恐怖が括約筋とい…
  3. 誰かに何かをしてもらいたいと思ったときは、その人の右耳から話しかけてみることをおすすめする。 …
  4. 伝えたいと思ったことを言葉でうまく表現できない自分の文章にストレスを感じたことはないだろうか?もしそ…
  5. いつもお世話になっているデザイン会社の社長と、京都の伏見区にある「大扇食堂」に行ってきた。大扇食堂の…
  1. 2016-12-12

    【新作】ワイルド・スピード ICE BREAK の予告編が公開されている

    大人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの8作目となる最新作、「ワイルド・スピード ICE…
  2. 2016-12-10

    【洋画】マイ・フレンド・フォーエバー

    今から20年前の中学生だった当時、1995年にアメリカで公開された映画に強く感動した。 どこで…
  3. 2017-1-7

    NOを封じるダブルバインド

    相手を食事に誘うとき、あなたはどんな声のかけ方をしているだろう。 恐らく大半の人がなんの躊躇も…
友だち追加

話題の記事

  1. 2017-1-7

    NOを封じるダブルバインド

    相手を食事に誘うとき、あなたはどんな声のかけ方をしているだろう。 恐らく大半の人がなんの躊躇も…
  2. 2016-12-18

    色覚(色彩感覚)と人間心理

    人と動物では、同じものでも見えている色が異なることがわかっている。これを色覚(色彩感覚)といい、人ほ…
  3. 2016-12-19

    スプラリミナル効果とは – 「サブリミナル」と「スプラリミナル」の違い

    サブリミナルは聞いたことがあるかもしれないが、スプラリミナルはどうだろう。聞き慣れない言葉だが、私た…

過去ログ

ページ上部へ戻る